社用車の査定額を大きく左右する電動ミラー

社用車の査定額を大きく左右する電動ミラー

車の売却金額を左右する要素は様々ですが、年式や走行距離がクローズアップされる事が多いですね。現にその2つは、確かに重要度が高いです。
車買取の業者のホームページを見ても、それは明らかです。ホームページには査定を依頼する為のフォームが設置されていますが、それには大抵その2つの情報を入力する欄があるからです。

 

ところで査定額を左右する要素の1つに、ミラーがあります。ドアのすぐ横の部分に付いている、あのミラーですね。車の周囲の状況を確認する為には、とても重要なパーツです。

 

車買取では、それは確かに重視されます。しかし各サイトでは、それはあまり強調されていませんね。それは、すなわちミラーは重要度があまり高くないという事の表れだと思うのですが。

 

しかし、「全て」の車種に対してそれが該当するとは限りません。車によっては、そのミラーの重要度がかなり高い事があるのです。
例えばミラーの中に、電動格納タイプと呼ばれるものがあります。主に社用車に採用されているミラーなのですが、電気を用いてワンタッチでミラーを格納できるのが特徴です。

 

社用車の買取では、そのミラーはかなり重視されるようですね。電動格納ミラーの動きがあまり良くないと、査定額が大きく下がってしまう傾向があるそうなのです。特にクレーンなどの車種は、査定時における電動格納ミラーの重要度はかなり高いそうですね。

 

一般車の場合は、そうとは限りません。一般車というより、むしろ社用車でミラーの性能が重視される訳です。
ただ社用車の売却をする時に電動格納ミラーの調子が悪くても、修理は依頼するべきではないでしょう。やはり修理費用は高くなってしまう事が多いので、そのまま査定を依頼するのが良いと思います。

関連ページ

車を売却する時に知っておきたい基礎知識!
車好きのおっちゃんのHPです。
車を手放す時はまず査定
車好きのおっちゃんのHPです。
車買取時の、自動車リサイクル法について
車好きのおっちゃんのHPです。